• 745view

男をトリコにする魔法の言葉”さしすせそ”

男性を虜にする魔法のキーワードを覚えよう!

キャバ嬢として働く為に必要なテクニックって、きっと皆さんが思っている以上にたくさんあると思います。
男ウケするドレスを着るのももちろん大切なのですが、やっぱり一番基本になってくるのはコレ『 魔法のさしすせそ 』なんです♪

料理のさしすせそは有名だけど、男性を虜にするさしすせそをしっかりと使えている人は、なかなか一般にはいないんじゃないかなと思います。
そこで、今回はキャバでキラキラ輝く素敵な女性になるために!
大切な魔法のキーワードを5つ、まずはしっかりと覚えていきましょう!

1.「すがですね」

会社員の経験があれば、一度は仕事場の上司に言ったことがある方も多いと思います。
この”さすがですね”は相手がしたことを褒め時に使える、特に便利なキーワードです。

「すごい!」と言われてなれていそうな男性には、こちらを多用してみた方がいいかもしれませんし「○○さんは○○と違って~」のように、比較対象を入れても効果的です!

2.「らなかったです教えて下さい」

「私は全然知らないんです…」という殊勝な態度に加え、男性が女性に対してアドバンテージをとれるように”教えて下さい”を付ける高等テクニックの一つ。
「それ知らなかったです~」で終わる人が多いようですが、教えて下さいまで付けることによって、相手の自尊心を高めることができるようになります。

3.「ごーい」

もはやキャバクラで働いていなくても、大抵の女の子が相手を褒める時にオートで使っていそうなのがコレです。
スゴーいと言われるだけでもうれしくなってしまう男性は、思った以上に多いもの。
どこにいても比較的定番の褒め言葉として、使い慣れておくと便利なのかもしれませんね。

4.「ンスがいいですねっ」

主に相手の身なりなどを褒めるために使うのがこのキーワードです。
身につけている靴やかばん、時計など、特に相手がこだわりを持っていそうな小物を見つけたら、それとなくこうやって褒めるのがベター。

あからさまにブランドなどを褒めるのではなく「なんだか格好いい!」みたいなふんわりとした感じで褒めた方が、男性も主導権を取りやすくなるのでオススメです。

5.「うなんですね」

とりあえず相槌としてとても使いやすいのがこの言葉。
語尾もしっかりと伸ばしておいた方が印象は良いようです。
自分が全く興味がない会話だったり、相手が話したくて仕方がないことを話しているときには、自分が分かっているような気持になりながら、こう相槌をうつのがお勧めです。

おすすめ